So-net無料ブログ作成
検索選択

水事故ゼロ目指し官民一体組織を設立 日本財団など(産経新聞)

 水の事故ゼロを目指す官民一体の組織「ウオーターセイフティ ニッポン(WSN)」が24日、設立された。日本財団や海洋政策研究財団、ブルーシー・アンド・グリーンランド財団など7団体が発起人となり、ニュージーランドで先進的な取り組みを続ける「ウオーターセイフティ ニュージーランド(WSNZ)」も支援する。

 WSNは、官庁や警察・消防、教育機関などに参加を呼びかけ、水難事故の調査・分析や、学校での安全教育などの運動を展開。平成20年度に約830人だった水死者を25年度には3割減の580人以下に、30年度には半減させるとの目標を掲げている。

 日本財団の笹川陽平会長は「危険という理由で、子供が水辺から離れている。正しい知識を持ち、水に親しんでほしい」と語った。

 また、WSNZのアラン・ミューラー専務理事は「WSNZの活動などで、ニュージーランドの年間水死者が20年間で半減した。ノウハウを提供したい」と話し、シドニー五輪の水泳でメダルを獲得した中村真衣さんや、タレントマラソンランナーの谷川真理さんも活動を応援した。

【関連記事】
水難事故ゼロへノウハウ学ぶ B&G財団がNZ団体と業務提携
「漂着物に触らないで」 海水浴で国交省が呼びかけ
連休最終日、水の事故相次ぐ 千葉で1人死亡、新潟で1人不明
兵庫・佐用町、台風被害から半年 癒えぬ甚大な被害の傷
「警報」「注意報」市町村単位で発表へ 気象庁、5月から
あれから、15年 地下鉄サリン事件

古本転売で稼ぐ「せどらー」ネットで素人参入(読売新聞)
チーム医療推進へ「特定看護師」創設を―厚労省検討会が報告書案(医療介護CBニュース)
自民・谷垣総裁 続く苦境 「体制強化」表明…出身派閥からも批判(産経新聞)
<東京コレクション・ウィーク>秋冬物新作続々 26日まで(毎日新聞)
後発品情報を提供する新システムの運用、4月から開始(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。